スマートフォン用の表示で見る

釜飯

釜飯

かまめし

米に醤油、みりん等の調味料を加え、その上に椎茸、鶏肉などの具を載せ、一人用の釜で炊いた米料理。一種の炊き込みご飯であるが、釜から飯碗によそうのではなく、釜のまま食卓に供することに特徴がある。釜の種類としては、羽釜式の鉄釜、土鍋型の陶器益子焼、高田焼もよく用いられる。

大正12年(1923年)、関東大震災あとの東京上野で行なわれた炊き出しをヒントに、のちの浅草の『釜めし 春』の女将が開発させた、一人用の釜で客に供した料理がはじまりとされる。