鎌倉ものがたり

マンガ

鎌倉ものがたり

かまくらものがたり

三丁目の夕日 夕焼けの詩」と双璧を成す西岸良平の代表作。

昭和59年に「週刊漫画アクション」で連載を開始*1し、平成12年の「月刊まんがタウン」創刊に合わせて移籍し、現在も同誌で連載中。

神奈川県鎌倉市を舞台に、推理作家の一色正和と妻・亜紀子の周囲で起きる不思議な事件を描いたミステリー漫画で、独特のほのぼのとしたキャラクター描写もあって、他のミステリー作品とは異彩を放つ他では描けない「西岸ワールド」の真骨頂といえる。

*1:月1回ペースでの連載