寒ざらしそば

寒ざらしそば

かんざらしそば

江戸時代に諸国266藩から将軍家への献上物。

茅野市においてのそばの取り組みは、平成10年頃から高齢化、兼業化で農作物が作付けされず荒れていく農地を何とかしようと、長野県茅野市等の指導をいただき、生産者が各集落ごとに営農組織を作り、そばの品質向上や栽培技術の向上、ブランド化、生産の拡大、地域の農地を守る方策等、様々な議論を戦わせながら、平成14年12月、「茅野市そば生産者協議会」が誕生。平成17年には45トンのそばが生産された。

一方、10数軒のそば店経営者は、「八ヶ岳蕎麦切りの会」を結成し、「地産地消」。地元のそば粉を使った手打ちそばを提供出来るよう、技と味の研究に励んで来た。

平成17年3月には、生産者、販売者、県、市、茅野商工会議所等のそば関係者が終結し、官民一丸となる「茅野八ヶ岳そば振興会議」を設立し、生産から加工、販売と流通に適応した組織体制が確立した。

平成18年から諏訪大社への献納祭などを開始。また、そばの最高峰として、地域のシンボル的な物を育てる必要性から、江戸時代諏訪の特産品として将軍家へ献上された『寒晒ししば』を復元させ、更なるブランド化が図られた。

地元の諏訪東京理科大学や、信州大学等とのジョイントで、製造技術の確立や科学的根拠を得る為の研究、分析を行う裏付けとしてのバックアップ体制が図られ、日本有数の「そば処」の一つとして、メディアを通じて全国的なPR活動やイベント等、様々な形で情報の発信が行われている。

平成19年1月、厳寒の中で清流に浸された「秋蕎麦の実」は、寒風に晒され、7月下旬、夏の土用の10日間限定で「八ヶ岳蕎麦切りの会」加盟店を中心に供される。

http://www.chinocci.or.jp/kanzarashi/