スマートフォン用の表示で見る

寒中見舞い

一般

寒中見舞い

かんちゅうみまい

季節の便りのひとつ。

冬の寒い時期に相手の健康を気遣ったり、近況を報告しあったりするもの。

寒中とは、二十四節気において小寒から大寒までの間のこと。寒さの厳しい期間。

寒中見舞いを書く目的の例

  • 季節のご挨拶をする
  • 松の内(1月7日まで)を過ぎて年賀状の返礼をする
  • 喪中の人に挨拶をする
  • 自身が喪中であると知らずに年賀状を送った相手に返礼する
  • 喪中と知らずに年賀状を送ってしまった相手にお詫びをする

など

書く時期

松の内を過ぎたころ(1月7日以降)に相手方に到着することを考慮して、

1月5,6日〜2月4日ごろまで

とされている。

なお、2月4日頃には立春を迎えるので終わりの時期はその頃となっており、立春を過ぎても寒さが続く場合には「余寒中見舞い」を出す(2月下旬まで)。

注意点