スマートフォン用の表示で見る

勘合貿易

読書

勘合貿易

かんごうぼうえき

概要

船舶の渡航証明書である勘合(勘合符)を使用した公認の貿易のことであり、室町時代日明貿易を指す。勘合船は1404‐1547年(応永11‐天文16‖明の永楽2‐嘉靖26)のあいだに17回84隻が渡航した。 幕府船のほか,細川・大内など守護大名船,大社寺船からなる。