スマートフォン用の表示で見る

勘定吟味役

社会

勘定吟味役

かんじょうぎんみやく

日本の江戸幕府において、勘定所の職務すべてを監査を担当した役職のこと。旗本御家人から起用された。勘定所内では勘定奉行に次ぐ地位であったが、勘定奉行の次席ではなく老中直属の機関だった。