巻菱湖

アート

巻菱湖

まきりょうこ

安永6年(1777年)〜天保14年4月7日(1843年5月6日)

日本の江戸時代後期の日本の書家越後国巻出身。姓は池田、後に巻を名乗る。名は大任、字は致遠または起巌、菱湖は号で、別号に弘斎。通称は右内と称した。

能書家で、市河米庵貫名菘翁と共に幕末の三筆と並び称された。