スマートフォン用の表示で見る

完璧

一般

完璧

かんぺき

欠点がなく優れたもの。完全無欠なこと。

故事成語で「璧をまっとうする」の意。出典は史記の「廉頗藺相如列傳」

概略

趙の惠文王が和氏の璧を手に入れた。これを聞きつけた秦の昭王が璧を15の城(都市)と交換しようと申し出た。断ると戦争を吹っ掛けられるかもしれないが、ただで璧を強奪されても話にならない。ここで宦官の繆賢が「私の客分の藺相如を使者とすればいいのでは」と提案。どんな者かと王が尋ねたので、繆賢は過去の事例を挙げて説明、「勇士であり、智謀も備え、使者に適任かと」と締めくくる。


そこで王は藺相如を召し出して下問する。

「秦王が十五城と璧の交換を申し出てきたが、どうしようか?」

相如は「秦は強くて趙は弱いから、断れないでしょう」と身も蓋もない。

「璧を差し出して城が来なかったらどうする?」と王が再質問すると、

「秦が城を出して璧を趙が出さなければ、趙に問題があります。趙が先に璧を出して秦が城を出さなければ、秦に問題があります。であれば、秦に責を負わせるべきでしょう」と答える。

王は最終質問。

「誰を使者とするべきだろうか」

相如が答える。「人がいないようであれば、私が秦に璧を持って行きます。趙に城が与えられたら、璧は秦に留まります。城が与えられないというのであれば、私が璧を完うして趙に帰ります(臣請完璧歸趙)

そこで趙王は藺相如に璧を持たせ、秦へと派遣した。

次回、「怒髪天」に続く。