スマートフォン用の表示で見る

漢の武帝

一般

漢の武帝

かんのぶてい

 古代中国の全盛期を演出した、前漢の帝王。159BC−87BC。前漢7代目。在位141BC−87BC。若くして皇帝となり、治世は54年に及ぶ。内外にわたり思い切った施策を行なう。

 匈奴には対抗的な政策を取り、衛青、霍去病などを登用する。この匈奴との抗争の際、捕虜となった李陵をめぐり、正論を発した司馬遷宮刑にするなど、狭量な面もある。張騫を西方に遣わし、シルクロードを創始する。巨視的に見れば、卓越した君主であった。