スマートフォン用の表示で見る

甘栗

甘栗

あまぐり

中国原産のテンシン(天津)グリ(小粒で渋皮のむきやすい種類)を,小石まじりの砂に糖分を加えて攪拌(かくはん)しながら焼いたもの。


また平安時代に大臣が正月や新任の際の大饗(たいきょう)に,天皇から賜る搗栗(かちぐり)をいい,その使を〈甘栗の使〉といって蔵人(くろうど)が奉じた。 ※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。ニホングリのように渋皮がタンニンによって食用部分に密着しないので、煎ったものを手で剥いて食べるのが容易である。