甘木市

地理

甘木市

あまぎし

甘木市は、福岡県の中央に位置にかつてあった市。

水の豊かな市として有名だった。

面積は167.19km²、2005年10月1日時点の人口は41,675人。

沿革

1889年4月1日、町村制度施行により、市域にあたる以下の町村が発足。夜須郡甘木町・馬田村・上秋月村・秋月村・安川村、下座郡三奈木村・金川村・蜷城村・福田村立石村、上座郡高木村。

1893年12月27日、秋月村が町制施行し、秋月町となる。

1896年2月26日、郡制施行により、上記町村はすべて朝倉郡に属する。

1954年4月1日、甘木町・秋月町・上秋月村・安川村・立石村・福田村・馬田村・蜷城村・三奈木村・金川村が対等合併、市制施行して甘木市となる。

1955年3月10日、高木村を編入。

2006年3月20日、朝倉町、杷木町と対等合併し、朝倉市となり消滅。