缶詰

若若茖

2篁

読書

缶詰

かんづめ

食用に用いる意味を拡大解釈して、出版社の編集者が、作家などを自宅やホテルに

「軟禁」し、作品を書くように仕向けること。

缶詰

かんづめ

素材を金属製の容器に詰め込み、加熱して、数年以上の賞味期間を保つ食物保護の手法