観応の擾乱

一般

観応の擾乱

かんのうのじょうらん

足利家の内紛に端を発し、全国に波及した動乱。

これによって、軌道に乗りかけていた室町幕府政権運営は頓挫し、風前の灯火であった南朝は息を吹き返した。

出来事