スマートフォン用の表示で見る

還元焼成

アート

還元焼成

かんげんしょうせい

あるいは、還元炎焼成。略して、単に還元とも。陶芸用語。窯の中に酸素ができるだけ入らないようにして焼成すること。そのため窯の中が酸欠状態になる。炎は酸素を必要とするので、窯の空気からではなく、焼かれている胎土や釉薬から酸素を奪って燃焼する。その影響で器に様々な変化が起きる。他に、酸化焼成、中性炎焼成