間質性肺炎

サイエンス

間質性肺炎

かんしつせいはいえん

間質性肺炎(正確には、その中でも発生原因が不明な特発性間質性肺炎)は、国が難病として研究・調査の対象に指定した118の難治疾患(「特定疾患」と呼ばれています)の中の1つで、発病率は、一般的に10万人に5人程度と言われている。

肺胞の壁(間質)に炎症がおきる病気を総称して「間質性肺疾患」と呼んでおり、 この中でも、線維化をおこしやすい病気を特に間質性肺炎とまとめて呼んでいる。

一般的に単に「肺炎」と呼んでいる疾患は、細菌やウィルス感染が原因で肺胞の内部 (空気のあるところ)に炎症が起こる。この点が肺炎と間質性肺炎とで大きく異なる。