スマートフォン用の表示で見る

間重富

サイエンス

間重富

はざましげとみ

・1756〜1816。

大阪質屋「十一屋」の、間家6代目「重光」の第6子として生を享ける。

高橋至時と共に麻田剛立天文学を学び、麻田の代理でやはり高橋と共に幕府天文方となり、寛政暦を完成した。

・また、非常に裕福であったために、金に糸目を付けずに最新鋭の天文機器類を購入したり、あるいは職人に無理を云って作らせたりした。

・ために垂揺球儀を初め、多くの観測機器を考案・改良した。

高橋至時が帰省中の一年半、後に蝦夷〜全国を測量する伊能忠敬をその師匠;高橋の代りに指導も行い、忠敬にも多くの器具を提供している。

・息子の重新、孫の重遠、と受け継がれていく。

・著書=『算法弧矢索隠』、『垂球精義』、『星学諸表』など。