スマートフォン用の表示で見る

間章

音楽

間章

あいだあきら

音楽批評家。

1946年新潟生まれ。

立教大学在学中に『ジャズ』誌に音楽批評を発表し、批評活動を開始。また一方で、阿部薫近藤等則らミュージシャンをプロデュースするなど多岐に亘って活動する。1978年12月12日脳出血で亡くなる。享年32歳。

自らの活動を「音楽を産業の側からミュージシャンや聴き手の側に取り戻す闘い」と位置づけ、音楽を批評しただけでなく、秀でた演奏家を見出して触発するために、彼らの活動場所を設けた。伝説的なサックス奏者・阿部薫近藤等則坂本龍一といった世界で活躍するミュージシャンも間章のフィールドから旅立っていったのである。また、フリー・ジャズシャンソンプログレッシヴ・ロックパンク・ロックなど、間章が注目し紹介してきた音楽は、その時代の新しい潮流になった。彼は32年という短い生涯の中で日本だけでなくアメリカヨーロッパの実に多くの国を訪れ、様々な演奏家や音楽と出会った。スティーヴ・レイシー、ミルフォード・グレイヴス、デレク・ベイリーの初来日は間章が招聘したものだった。

2006年には青山真治が監督したドキュメンタリー映画「AA」が公開された。

なお以上の略歴は同映画の公式サイトによる。