間瀬秀一

スポーツ

間瀬秀一

ませしゅういち

サッカー選手、サッカー指導者、通訳者。

1973年10月22日生まれ。三重県出身


1996年に日本体育大学卒業後、ロサンゼルスで語学を学びながら、プロを目指す。

翌年MLSロサンゼルス・ギャラクシーの下部組織「ゴールデン・イーグルス」でプロキャリアを開始。日本人で初めて米国プロサッカー選手となった。

その後、中米及びクロアチアでプレーした。

2002年5月、クロアチアリーグ2部のトゥルニエを最後に現役引退。

その後は関西空港税関、クロアチアサッカー協会通訳などを経て、2003年よりジェフユナイテッド市原イビチャ・オシム監督の通訳。

オシムサッカー日本代表監督就任後もジェフユナイテッド千葉に残り、アマル・オシム監督の通訳を務めた。

2015年JFA公認S級コーチライセンスを取得。