閑院宮典仁親王

社会

閑院宮典仁親王

かんいんのみやすけひとしんのう

享保18年2月17日(1733年4月1日)〜寛政6年7月6日(1794年8月1日)

日本の江戸時代皇族閑院宮家当主。

1884年(明治17年)になり、明治天皇の高祖父にあたるという事で「慶光天皇」の諡号と「太上天皇」の尊号が贈られた。以後、閑院宮典仁親王ではなく、「慶光天皇」または「慶光院」と称される。