閑谷学校

地理

閑谷学校

しずたにがっこう

 1670年、岡山藩主池田光政が津田永忠に命じ庶民教育のための学校を建てるよう命じ、1673年、木谷村(現在の備前市)に完成した。閑谷学校講堂、壁書1枚、丸瓦1枚が国宝に指定されている。

 近年、国連UNESCOの世界文化遺産への登録運動が地元で始まっている。