関銀屏

読書

関銀屏

かんぎんぺい

中国三国時代人物関羽の三女。

正史では曹操が魏王を名乗った頃、同盟強化のため孫権の息子(後述の民間伝承では孫登ではないかとされる)との縁談が持ち上がったものの、これを関羽が断ったため蜀と呉の関係が悪化したと見えるだけで、名前も不明。『三国志演義』でも同じ扱いである。

雲南省の民間伝承によると、その後、荊州を脱出した後に武芸を学び、諸葛亮の南征に同行、鎮圧後にここにとどまり、李蔚?(李恢の息子。名は李遺?とも)と結婚して余生を過ごしたという。彼女夫婦の墓とされるものが現存する。