関係代名詞

読書

関係代名詞

かんけいだいめいし

 英語において2つの文があり、それぞれに共通の名詩があるとき、一方を「先行詞」とし、他方を「関係代名詞」として一つの文にできる。このように、文面の接着剤となるのが、「関係代名詞」である。

 英語ではwho,which,thatなどが代表的。ほかにヨーロッパ諸国の言語でも存在する。(他のインド・ヨーロッパ語族の言語

にもあるかも知れない。)

The boy is playing. 

The boy is called hitoshi.

これを一文にすると

The boy who is playing is called hitoshi.