関口清治

スポーツ

関口清治

せきぐちきよはる

プロ野球選手・指導者。通称「せいじ」。

右投右打、ポジションは外野手背番号は24→25→27番。

1925年10月9日生まれ。台湾出身。

台北工業から1948年読売ジャイアンツに入団。

1949年社会人野球別府星野組に転じる。

1950年、新設の西日本パイレーツに入団し、プロ復帰。

合併後の西鉄ライオンズ左翼手の定位置を獲得し、5番打者として黄金時代に大きく貢献した。

1954年から5年連続でオールスターゲームに出場、外野手ベストナインを受賞。

1958年日本シリーズ、1勝3敗で迎えた第5戦、2-3とリードされた9回裏2アウト3塁、

凡退ならジャイアンツの日本一が決まる場面で藤田元司から同点打を放ち、0勝3敗からの逆転日本一につなげた。*1


1962年阪急ブレーブスに移籍。

1963年、現役引退。コーチに就任。

1969年、退団。


1973年三原脩の招聘により近鉄バファローズのコーチに就任。

1979年西本幸雄監督の元、リーグ優勝に貢献した。

1982年、西本の後を受け、監督に就任。

1983年、退団。後任を岡本伊三美に託す。


晩年は福岡市に在住、FBS福岡放送野球解説者を務めた。

2007年6月9日、慢性閉塞性肺疾患のため福岡市内の病院で逝去。

*1:「一打数億円」の価値があると呼ばれた。