スマートフォン用の表示で見る

関塚隆

スポーツ

関塚隆

せきづかたかし

サッカー選手、サッカー指導者。

1960年10月26日生まれ、千葉県船橋市出身。

千葉県立八千代高等学校から早稲田大学を経て、1984年本田技研工業入社

現役引退後、1991年に母校である早稲田大学の監督就任。

1993年、恩師の故・宮本征勝監督に招かれ鹿島アントラーズのコーチに就任。

1995年、清水エスパルスのコーチに就任。

1996年、鹿島アントラーズのコーチに復帰。

2004年、川崎フロンターレの監督に就任。チームをJ1昇格に導いた。

2008年4月、不整脈など健康不安を理由に監督を辞任。ヘッドコーチ高畠勉が監督を引き継いだ。

2009年、再び川崎フロンターレの監督に復帰。Jリーグ2位、ヤマザキナビスコカップ準優勝と惜しくもタイトル獲得はならず、その責任を取って辞任した。後任の監督は高畠勉

2010年、ロンドンオリンピックを目指すU-21日本代表監督に就任。同年のアジア競技大会では初優勝を果たした。アジア予選を突破してロンドンオリンピックに出場。2012年ロンドンオリンピックでは、U-23日本代表を44年ぶりのベスト4に導くも、メダル獲得は逃した。