スマートフォン用の表示で見る

関東連合

一般

関東連合

かんとうれんごう

1973年結成、2003年に解散した、東京都内の複数の暴走族の連合体。どちらかといえば解散後のOBらの“半グレ”としての蠢動が世間的に著名。2000年代以降、金村剛弘(西新宿バットマンズ撲殺事件)、川名毅(朝青龍引退劇)、石元太一(海老蔵事件)、伊藤リオン(海老蔵事件)、見立真一(六本木クラブ襲撃事件)、ならびに「工藤明男」(暴露本いびつな絆 関東連合の真実』)などの面々がメディアを通して世間を騒がせてきた。