スマートフォン用の表示で見る

関曠野

読書

関曠野

せきひろの

思想史家。1944年、東京田無に生まれる。早大卒業後、通信社勤務を経て、在野の思想史家として活躍。壮大かつ大胆な立論によって知られる。現在、愛知県在住。

近く、ルソー論『ジャン・ジャックのための弁明』を刊行予定。

著書(取り敢えずamazonで検索出来たもの)

みんなのための教育改革―教育基本法からの再出発宮崎哲弥による書評

奴隷の国家序文

民族とは何か (講談社現代新書)(「民族 --- 司馬遼太郎の誤解」)

続きを読む

目次
  • 関曠野とは
      • 著書(取り敢えずamazonで検索出来たもの)