スマートフォン用の表示で見る

韓玄

社会

韓玄

かんげん

韓玄(かんげん、生年不詳〜没年不詳)後漢王朝に仕え長沙太守を務めた。

赤壁の戦いの後、劉備荊州の南部四郡へ進攻して来た。韓玄は武陵太守金旋・零陵太守劉度・桂陽太守趙範らと共に劉備への帰順を申し出たが許されず討たれた。

三国志演義では、韓玄は短気で幾人も殺めていた為、多くの人々に恨まれていた。赤壁の戦いの後、劉備の命を受け関羽が長沙へ侵攻してくる。韓玄は配下の黄忠関羽を迎え撃たせた。黄忠関羽の一騎打ちの最中、黄忠の馬が足を折ってしまい黄忠は絶対絶命の危機に陥った。しかし関羽はこれを斬る事を良しとせず、黄忠を見逃した。これを見た韓玄黄忠を疑い処刑しようとする。しかしその時韓玄のもとに身を寄せていた魏延が民衆を扇動し反乱を起こし韓玄魏延に討たれた。