舘野之男

サイエンス

舘野之男

たてのゆきお

医師1934年3月30日栃木県真岡市西郷生まれ。1959年千葉大医学部卒。64年同大学院修了、医学博士。同大助教授を経て、1975年放医研臨床研究部室長、同部長、94年退官。放医研特別研究員放射線医学総合研究所臨床研究部長。日本核医学会賞受賞。

 放射線医学核医学が専門で、機器開発に於いても電子操作型CT(日本格医学会賞受賞)、PET肺癌検診用CT、コーンビームCTなどの開発で指導的な役割を果たされ、日本の医療機器の発展史の中で忘れることのできない多くの足跡を残されている。また日本磁気共鳴医学会や、コンピュータ支援画像診断学会などの設立の立役者の一人でもある。

著書

共編著

翻訳