スマートフォン用の表示で見る

丸山健二

読書

丸山健二

まるやまけんじ

概要

作家。小説家

1943年長野県生まれ。

1966年にデビュー作「夏の流れ」で芥川賞を当時最年少(23歳1ヶ月)で受賞する。文壇とは一線を画し、長野県安曇野に庭作りをしながら小説活動。

どの作品も長く、すぐ廃刊になってしまう。

以下は第130回芥川賞金原ひとみさん、綿矢りささんが受賞した時のコメント。

67年に23歳で受賞した作家の丸山健二さん(60)は「作家は才能さえあれば、年齢など関係ない。37年間最年少受賞者といわれ続けて、うんざりした。出版社や文壇アイドル作家として使い捨てされないように、真の文学をめざしてほしい」と話した。

(http://www.asahi.com/culture/update/0115/010.html)

以下はダカーポ2004年12月1日号でのインタビュー。

七転八倒して書くのが作家と思っているフシがある。だが、才能とは横溢してくるものでしょう。無理に無理を重ねて、小さな才能を削るようにして書いているから、そうしたことになる。その結果得た地位を文壇が守ってくれるというわけですよ。