丸山咬合療法

サイエンス

丸山咬合療法

まるやまこうごうりょうほう

丸山剛郎–歯学博士が発案した不定愁訴頭痛、首筋のこり、鼻炎、顎関節の症状、顎の位 置が不安定、肩こり、背中の痛み、四十肩、五十肩、腰痛、目のかすみ、耳鳴り、難聴、手足の冷えやしびれ、凹脚、杖がないと歩けない、顔の肌荒れ、腹部膨満感、便秘下痢、心悸亢進、低血圧、高血圧、生理痛、生理不順、昼間眠い、疲れやすい、姿勢が悪い、歩き方がおかしい、杖をつかないとこけ易い、うつ鬱)の診査・診断・治療システム。

整形外科、神経科、耳鼻科、眼科、内科、心療内科、歯科、整体師、カイロプラクティック柔道整復師鍼灸師では治療効果 が得られず、異常はない、原因がわからない、あるいは更年期障害、自律神経失調などとされた症状を回復に導く。

かみ合わせを正して全身健康―頭痛、腰痛から慢性病まで (健康双書)

かみ合わせを正して全身健康―頭痛、腰痛から慢性病まで (健康双書)