スマートフォン用の表示で見る

丸木スマ

アート

丸木スマ

まるきすま

70歳を過ぎて絵を描きはじめた画家。1875年広島県生まれ。丸木位里は息子、大道あや娘。

広島市内の三滝町に移り住み、1945年原爆を体験。

翌年、夫を失う。

その後、長男の位里夫妻にすすめられて絵筆をとると、81歳で亡くなるまでの数年間に700点以上の作品を残した。

子どものように自由奔放な絵でありながら、自然や生命の本質を鋭くとらえた彼女の作品は、多くの人の心をとらえた。

女流画家協会展、日本美術院展などにも次々と入選し、1953年には3年連続で院展に入選して、院友に推挙されている。