丸木俊

アート

丸木俊

まるきとし

画家。絵本作家。夫である丸木位里との共作「原爆の図」で世界的に知られる。

1912年北海道生まれ。

女子美専門学校で洋画を学び、二科展に出品する。

戦前はモスクワミクロネシアに長期滞在し、スケッチ多数を描く。

1941年に位里と結婚し、美術文化展、前衛美術展、さらに女流画家協会展に精力的に出品を続ける。

広島原爆投下時は、夫婦ともに原爆投下直後の広島に入り救援活動に当たる。

数多くの絵本を手がけ、「日本の伝説」でゴールデンアプル賞、「おしらさま」「つつじのむすめ」「ひろしまのピカ」など民話、創作、記録のあらゆる分野の絵本で数々の賞を受ける。

2000年1月13日、敗血症による多臓器不全のため永眠。87歳。