スマートフォン用の表示で見る

岸辺露伴

マンガ

岸辺露伴

きしべろはん

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 〜ダイヤモンドは砕けない〜」の登場人物。スタンド能力は「ヘブンズ・ドアー」。

『週刊少年ジャンプ』に「ピンクダークの少年」を連載している杜王町在住の漫画家(という設定)。地方都市で週刊連載をこなしている(しかも週休2日)、作品のアクが強く読者によって好き嫌いが別れるなど、荒木飛呂彦自身を投影したキャラクターである。「だが断る」のセリフでも有名。人気の高いキャラクターであり、岸辺が主人公の短編(「岸辺露伴は動かない」)が不定期に発表されるほか、ルーブル美術館グッチとのコラボレーション(「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」「岸辺露伴 グッチへ行く」)も行われている。

岸辺露伴は動かない」のエピソード16「懺悔室」にて、尊敬している人について、

と回答している。ただし、この答えはウソ。彼は、自分以上にスゴイ人間などいないと思っている。誰であろうと小バカにしている。

関連商品

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)

ジョジョの奇妙な冒険 (35) (ジャンプ・コミックス)

ジョジョの奇妙な冒険 (35) (ジャンプ・コミックス)