眼球偏位

一般

眼球偏位

がんきゅうへんい

中枢性視覚障害を診察・理解する上での、重要な症状。

眼球が揃って上がったり、側方へ寄ったり、下ったりして瞬きが無くなった状態を、眼球偏位と呼ぶ。この時は脳波の異常が起きており、解析が中断していますから視反応は無いとされる。