スマートフォン用の表示で見る

岩合光昭

アート

岩合光昭

いわごうみつあき

日本の動物写真家

1950年東京生まれ。19歳のときに父・岩合徳光と訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、動物写真家としての道を歩み始める。以来、地球上のあらゆる地域をフィールドに撮影を続けている。

美しく、想像力をかきたてる写真は「ナショナルジオグラフィック」誌の表紙を2度にわたって飾り、全世界で高く評価されている。木村伊兵衛賞を受賞した「海からの手紙」(朝日新聞社)や全世界でベストセラーとなっている「おきて」(小学館)をはじめ、数多くの写真集を発表している。また、NHK BSプレミアムで2012年に「岩合光昭の世界ネコ歩き」を放送。2013年には月1回のレギュラー番組化した。使用しているカメラはオリンパス

主な写真集など

ネコと歩けば

ネコと歩けば

ネコに金星 (新潮文庫) ひらがな どうぶつ ぱんだ 日本列島  いきものたちの物語 どうぶつ家族―Mitsuaki Iwago Photographs パンダ (新潮文庫) いぬ しばいぬ Be Happy iwago mitsuaki radio essay 生きもののおきて (ちくま文庫) 猫の恋 おらんうーたんの おうち (福音館の科学シリーズ) ねこ ハートのしっぽ