岩瀬正雄

読書

岩瀬正雄

いわせまさお

詩人。(1907年11月27日‐2003年5月18日)

愛知県豊橋市生まれ。名古屋電気学校中退。17歳から詩作を行い、高村光太郎の知偶を得て、1929年草野心平らと新詩人会を結成。『日本未来派』を経て『オルフェ』同人。1932年頃から社会教育活動を始める。豊橋勤労少年会主事、豊橋連合青年団主事、1945年豊橋市役所に就職。1954年「炎天の楽器」で中部日本詩人賞受賞、1962年に市教委社会教育課長を最後に定年退職。1983年中日社会功労賞、92年「わが罪 わが謝罪」で地球賞。2000年詩集『空』で最高齢で現代詩人賞を受賞。中日詩人会会長。

編著書