岩谷時子

音楽

岩谷時子

いわたにときこ

日本の作詞家

1916年(大正5年)3月28日、生まれ。神戸女学院大学卒業後、宝塚歌劇団出版部に就職し、越路吹雪と出会う。1951年昭和26年)、越路とともに東宝に移り、越路が死去するまでの約30年間、マネージャー兼作詞家として越路を支えた。

作詞家としての代表作には、「愛の讃歌」(越路吹雪)、「恋のバカンス」(ザ・ピーナッツ)、「君といつまでも」(加山雄三)、「恋の季節」(ピンキーとキラーズ)、「いいじゃないの幸せならば」(佐良直美)、「ともしびを高くかかげて」(中学合唱曲)、「つばさ」(本田美奈子)などがある。

2013年(平成25年)10月25日、肺炎のため死去。97歳。