岩本義行

スポーツ

岩本義行

いわもとよしゆき

プロ野球選手(外野手)・指導者。

右投右打、ポジションは。背番号は1→2→30番。

1912年3月11日生まれ。広島県出身。

広陵中学から明治大学に進学。

1933年東京六大学野球首位打者を獲得。

1938年、南海軍に入団。応召するも1940年に選手として復帰。

1949年太陽ロビンス(後の松竹ロビンス)に移籍。「神主打法」を極め4番打者に定着。

1950年、38歳で打率.319、39本塁打、34盗塁を記録、トリプルスリーを達成。

水爆打線の中心打者として活躍。同年の2リーグ制以降初のセ・リーグ優勝に貢献。

1952年大洋ホエールズに移籍、1シーズン24死球プロ野球記録を樹立。翌1953年には大洋松竹ロビンスに転じる。

1954年、一度現役引退


1956年東映フライヤーズ選手兼任監督として復帰。

1957年8月18日の阪急ブレーブス戦で、45歳5ヶ月の史上最年長本塁打を打つ。

同年、現役引退し、監督に専任。1961年まで務めた。


1962年近鉄バファローズのコーチに就任。

1965年、監督に就任。1966年、成績不振により退任。


1981年、野球殿堂入り。

タレントの遠野舞子は孫。