スマートフォン用の表示で見る

岩本素白

読書

岩本素白

いわもとそはく

国文学者、随筆家。本名・岩本堅一(けんいち)。明治16年(1883)東京麻布に生まれる。

東京専門学校(後の早稲田大学文学部国文科卒業。麻布中学教師を経て、大正11年(1922)早稲田大学文学部国文科教授。定年退職後、請われて麻布高校跡見学園短期大学の教壇に立つ。

著書『日本文学の写実精神』(中央公論社)、『山居俗情』(砂子屋書房)、『素白集』(東京出版)、『素白随筆』、『素白全集』全3巻(ともに春秋社)。