岩立京子

サイエンス

岩立京子

いわだてきょうこ

教育心理学者、東京学芸大学教授。1954年東京都生まれ。1977年東京学芸大学教育学部卒業。1984年筑波大学大学院心理学研究科博士課程単位取得退学。93年「幼児・児童の向社会的行動に及ぼす帰属 -感情の効果に関する研究」で心理学博士。東京学芸大学助教授、総合教育科学系幼児教育学分野教授。専門は発達心理学、幼児心理。

著書

  • 『幼児・児童における向社会的行動の動機づけ 帰属要因と感情要因の検討』風間書房 1995
  • 子どものしつけがわかる本 がまんできる子、やる気のある子を育てる!』主婦の友社 2008
  • 『いい母は、いい子をつくれない 1人で考えて動く子どもの育て方』経済界新書 2011

共編著

  • 『たのしく学べる乳幼児の心理』桜井茂男共編著 福村出版 1997
  • 『乳幼児心理学』無藤隆共編著 北大路書房 保育ライブラリ 子どもを知る 2000
  • 『〈領域〉人間関係』編者代表 赤石元子, 高濱裕子編 西坂小百合, 森下葉子, 倉持清美著 萌文書林 事例で学ぶ保育内容 2007
  • 『〈領域〉表現』浜口順子編者代表 松井とし共編 砂上史子, 吉川はる奈, 宮里暁美, 仲明子, 友定啓子著 萌文書林 事例で学ぶ保育内容 2007
  • 『新幼稚園教育要領の展開』神長美津子共編著 明治図書出版 2009
  • 『乳幼児心理学 子どもを知る』無藤隆共編著 北大路書房 新保育ライブラリ 2009
  • 『園評価の実践ガイド 「保育の質」を高める』神長美津子, 天野珠路共編著 ぎょうせい 2011