読書

雁の寺

がんのてら

水上勉の小説。寺に出入りしていた絵師の愛人を寺で囲う坊主の話。