危急存亡の秋

一般

危急存亡の秋

ききゅうそんぼうのとき

諸葛亮が出師の表を劉禅に上奏する際に、用いたことば。

「生きるか死ぬかの瀬戸際」をさす。

リスト::三国志関連