危険業務従事者叙勲

一般

危険業務従事者叙勲

きけんぎょうむじゅうじしゃじょく

2003(平成15)年11月から開始。

国の栄典制度によって春(4月29日)と秋(11月3日)の 毎年2回発令され、内閣府賞勲局が発表する。

警察官、消防吏員、自衛官等危険性の高い業務従事者を対象とし、毎年36000人前後が受章している。

候補者は、「危険業務従事者叙勲受章者の選考手続について」(閣議了解)に基づき、関係大臣から推薦される。