スマートフォン用の表示で見る

基準財政需要額

一般

基準財政需要額

きじゅんざいせいじゅようがく

基準財政需要額とは、各自治体が必要とする一般財源額のこと。

基準財政需要額は、地方交付税法第12条の規定により、普通地方交付税の算定に用いられる。

基準財政需要額は、次の計算式で求めることができる。

基準財政需要額=単位費用×測定単位×補正係数

上記の式における単位費用は1人あたりの費用であり、測定単位はその自治体で該当する人数である。補正係数は、自治体によって人口規模や人口密度、気象条件などが異なるため、当該自治体に適した数値が設定されている。

例えば、社会福祉費について、1人あたりの費用が8000円、社会福祉費の対象人口が10万人、補正係数が0.9の場合、基準財政需要額は、7億2000万円となる。

なお、各自治体への普通地方交付税額は、次の計算式で求めることができる。

普通地方交付税額=基準財政需要額−基準財政収入額

上の計算式でわかる通り、各自治体の財源不足額が普通地方交付税額となる。