スマートフォン用の表示で見る

基満男

スポーツ

基満男

もといみつお

60〜80年代のプロ野球選手。

右投右打、ポジションは二塁手背番号は78→4→5番。

1946年11月10日生まれ。兵庫県出身。

報徳学園高校から駒澤大学を中退後、篠崎倉庫を経て、

1967年、ドラフト外西鉄ライオンズに入団。

2年目の1968年に二塁のレギュラーを掴むと、翌1969年はリーグ最多の34二塁打で.295と躍進。

1970年には21本塁打と長打力も発揮。同年、黒い霧事件で厳重注意処分。

1972年には20本塁打打率.301に加え25盗塁と万能ぶりを見せて初のベストナインに輝く。

1973年5月20日の近鉄バファローズ戦でプロ野球通算30000号本塁打

1979年、鵜沢達雄?・根本隆?との2対1の交換トレードで横浜大洋ホエールズに移籍。

1979年5月9日の阪神タイガース戦で1試合4二塁打の日本タイ記録

同年8月5日の阪神タイガース戦で代打サヨナラ本塁打を記録。

セ・リーグ2年目の1980年には自己最高の70打点、.314をマークして2度目のベストナインに選ばれた。

1984年、現役引退。


1985年、打撃コーチに就任。

1989年、日本ハム・ファイターズのコーチに就任。

1992年、TVK野球解説者となる。


1993年より、TVQ野球解説者。

1998年〜1999年、韓国プロ野球ロッテジャイアンツの臨時打撃コーチを務める。

その後、野球解説者の傍ら、マスターズリーグ福岡ドンタクズの選手としても活躍。

2006年、ロッテジャイアンツの臨時打撃コーチに復帰。