奇皇后

社会

奇皇后

きこうごう

(1315年頃 - 1369年or1370年以降)

14世紀の元朝最後の皇帝である順帝トゴン・テムル皇后高麗出身の貢女。北元皇帝アユルシリダラを生んだ。モンゴル帝国高麗征服以後、元室と高麗王室は兄弟の契りを結び、モンゴル公主が歴代の高麗王に降嫁していた。高麗王は元の征東行省の長官かつ、元帝の女婿という独自の国際的地位を確保していた。このような麗蒙関係の中で出現した高麗人元室皇后である。