寄生地主

地理

寄生地主

きせいじぬし

田畑などの農地を小作人小作農)に耕作させ、成果物である米などの農作物の一部を地代(小作料)として徴収して生活している地主のこと。

日本では第二次世界大戦の農地改革によって寄生地主が所有していた農地は非常に安価な価格で政府に買い上げられ、小作人安価な値段で売り渡され、寄生地主はほとんどいなくなり寄生地主制は崩壊した。