寄生地主制

地理

寄生地主制

きせいじぬしせい

寄生地主小作人農地を貸し、その代わりに小作人が米などの収穫した農作物の一部を地代(小作料)として支払う制度のこと。日本では明治時代から第二次世界大戦後まで存在した。