寄生虫キムチ

寄生虫キムチ

きせいちゅうきむち

キムチのパックの中に、ヒト回虫や犬猫回虫、有鉤条虫などの卵が混入しているというもの。

通常のキムチは植物由来の乳酸菌が腸内で作用するため健康にもよいが、こちらは寄生虫病に感染して死ぬことがある。

ちなみに寄生虫卵は、高温で死滅する。そのため、キムチ鍋のような熱を加える料理の具材として使用することが好ましい。

日本国内での事例としては、個人輸入したキムチから回虫卵が検出された例が報告されている。また、スーパーで販売されている韓国産キムチを数種の中からサンプルとして1パックだけ購入して厚生労働省が検査したところ、その中に寄生虫卵が発見されるという事態が起きた。