スマートフォン用の表示で見る

寄与分

一般

寄与分

きよぶん

相続の公平を期するための制度。共同相続人の中で被相続人の財産の維持または増加に特別の寄与をしたものがあるとき、被相続人の財産からその寄与分を差し引いたものを相続財産とし、そのものの相続分は算定相続分に寄与分を加えた額とする。

寄与分については共同相続人の協議によって定めるのが原則であるが、その方法で定まらないときは家庭裁判所が決定する。